スキンケアで潤いを

日焼けした肌にスキンケア

紫外線や日焼けへのスキンケア

夏の強烈な紫外線を大量に浴びて、日焼けをしてしまった肌へのスキンケアは、一にも二にも徹底した保湿ケアです。肌は非常に乾燥してしまっている状態なので、できるだけ刺激を与えることなく、たっぷりと潤いを与えてあげるようにしましょう。肌は潤い不足になると、バリア機能も低下し、様々なトラブルを引き起こしてしまうようになります。弱った肌への保湿ケアでは、オールインワンゲルを使ったスキンケアが最適で、しっかりと潤いを肌の内部に閉じ込めてくれます。ゲルのひんやりとした感触は、ほてった肌への鎮静効果もあるので、たっぷりと塗布してあげましょう。

日焼け後のスキンケア

日焼けした後は、その後肌トラブルを起こさないためにもスキンケアが重要となります。日焼けは軽く火傷をしている状態のためまず皮膚を冷やすことから始めます。冷たいシャワーなどで体を冷やした後は、濡れタオルや氷水を入れたビニール袋などを使って念入りに冷やします。スキンケアは状態によって異なりますが、火照りがある場合には軟膏などが有効です。火照りがない場合には化粧水でしっかり保湿をした後に、保湿クリームや乳液でフタをします。顔だけではなく体にも保湿ケアを行います。コットンで塗ると肌に負担がかかるため手で行うことがオススメです。

↑PAGE TOP

Copyright © 日焼けした肌にスキンケア All rights reserved